早く家から出たくて、バイトをしてお金を貯め、半ば無理矢理、二十歳の頃に独り暮らしを始めました。
その頃、先輩にパチンコやスロットを教えてもらいハマってしまいました。
負ければハマることもなかったのですが、勝ちまくってしまったんですね。
1ヶ月でバイトの給料よりも稼いでしまい、だんだんバイトに入る回数を減らし、最終的には辞めてしまいました。
それでも1年位生活できていて、このまま暮らして行くんだなと思っていました。

しかし人生そんなに甘くないですね。
だんだんと負けはじめました。
それでも貯金があったので、働く事もなくパチンコやスロットをしていました。
気づけば家賃を払うお金もパチンコやスロットにつぎ込み、家賃は半年滞納、携帯は止まって使えない。
コソコソと大家さんに見つからないように暮らしていましたが、遂には追い出される始末。
タンカをきって実家を出ていき、一切連絡もしていませんでしたが、この時は親に頭を下げ助けてもらいました。
滞納した家賃、携帯料金も払ってもらいました。この時は親のありがたみを感じました。
そこからは真面目に働き、肩代わりしてもらった家賃分のお金を返しました。両親とあまり仲が良くなかった私は助けてもらった事をきっかけに、少し仲良くなりました。